「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

研究会の再開

 また、研究会が再開します。ぷくぷくさんがいなくなって初めての研究会です。長男格のぷくぷくさんがいないのは大きいですが、残ったメンバーでまた頑張ろうと思っています。今は、この研究会が私にとっての心のよりどころとなっています。私は若い頃から「研究者タイプ」と教師仲間から言われてきました。が、9割の人は揶揄する意味で言っています。「頭でっかち」「理屈屋」「理論先行」などと言われたこともあります。実践を大事にしてきたとは思いますが、平均的教師像からするとどうも「口先の上手い生意気な奴」というのが自分のイメージだと思います。その私が一番遠慮することなく、思っていること知っていることを口にすることができるのがこの研究会なんです。あと、私の全国学会誌の3つの論文はすべてここから生まれたと言っていいと思っています。「思いつき」と「思い込み」に満ちあふれた私の論文を学会論文にまで引き上げてくれたのがここのメンバーなのです。私が初出の論文を披露した時はいつも全員「ウーン」と天を仰ぎます。そして、メンバーのアドバイスを受けてリライトしてあの3つの論文になったのです。感謝してもしきれるものではありません。こんなこじんまりとした研究会でこんなに実績を出しているものはそんなにないのではないでしょうか。そういう意味でもこの研究会を楽しみにそして大切にしていこうと思っています。
 関係者の皆様、今年もよろしくお願いします!!
[PR]
by yksayyys | 2014-05-11 19:21 | 社会 | Comments(0)