花束と海

 最近、雨続きなので娘を保育園に送ってから海岸の近くの駐車場で車を停めて「新聞タイム」を取っています。息子もそこに車が停まると絵本を読み出します。ちょうど、この文章の左にある写真の海岸のすぐ近くです。すぐ側でK大学の教授(いちどフィリピン旅行を一緒にしたことがあります)の家が建設中です。でかいです。そして、駐車場の隅に目を転じるとある一角に必ず花束が置いてあります。いつも、新しいので「こまめに」換えているのだろうと思います。おそらく、この場所から考えてここら辺の海岸で亡くなった人のためのものだろうと思います。この周辺はNPOの人たちがボランティアでいつも清掃していますので、その花束の所もきれいになっています。もしかしたら亡くなった人はサーファーなのかも知れません。私たちが車を停める頃、若いおにいちゃんがよく来て海を見ながら携帯で連絡をとっています。「今日は無理」「今日は最高」と波の様子をメールで連絡しているものと思われます。最近は、「べたなぎ」で全然いませんが、多い時は昼過ぎから加速度的にサーファーが増えていきます。きっと、この花束を供えている人も、供えられている人も「海の好きな人」なんだろうなと思います。こういう私も、泳げないし釣りも下手くそですが離島出身ということもあり、海が大好きです。息子も好きになってくれたらなあと思っています。
 今、娘はピアノの練習中、息子はテレビでアンパンマン視聴中、妻はPTAのミニバレーの練習で遅くなるとのこと・・・・・みんな元気です。
[PR]
by yksayyys | 2006-05-18 18:56 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧