ブログトップ

アマノジャクはこう考える

トヨタ神話

 昨夜、筑紫哲哉のニュース23にトヨタ元社長で経団連会長を近く引退する奥田某が出演していた。「これまでの経団連会長で最も首相と密接」と言われていたためか最近は意識して「そんなに仲がいいわけではない」と言い始めています。しかし、最近のメディアのトヨタの持ち上げ方は異常ではないかと思います。新聞社もこぞって「強さの秘密」といった企画のもと、連載をしていましたし、読売に至っては「ヨイショ」本も出版しています。世界一が間近な「利益1兆円企業」なので注目するのはわかりますが、そこにメディアらしい批判的な視点がなさすぎるような気がします。以前は、トヨタと言えば企業城下町の代表企業とされ、「カンバン方式」の名のもと、「社員の締め付け」「下請け企業いじめ」などで有名を馳せ、教科書にもその「特異性」がとりあげられる程でしたが、今やそういう側面は一切触れられず「日本経済の牽引者」の報道ばかり。「リストラしなかった」という事が強調されがちなような気もします。
 私は、以前から「トヨタよりはホンダ」「松下よりはソニー」できた方ですが、最近はどの会社も似たようなものでちょっと残念です。結局「儲かった者勝ち」なんですかねえ。ちなみに奥田さんの弟は大丸百貨店の社長です。兄弟で社長やってました。
 さあ、今から洗濯物干しだ!!
[PR]
by yksayyys | 2006-05-19 08:00 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31