「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

県大会

 歴教協県大会が14日行われました。午前中は川崎市の元小学校教員Sさんの講演でした。緻密な時間配分で内容たっぷりの話を楽しく語ってくれました。S尾さんが言われていたように「引き出しをいっぱい持っている」方だと思いました。あと、なんと言ってもエンターテイナーですね。ああいう授業をしてくれれば子どもたちは大喜びだと思います。ただ、忘れてはならないのは本人が言っていたように大切なのは「教師の努力」だということです。給料のうち20万は本代に使っていたそうですし、45か国、47都道府県を訪ねるほど旅行をしているとのことでした。ひとつの内容を作り上げるには「50冊くらいは読まねば」とも言っていました。名人芸の裏には当然努力があるわけです。
 午後は分科会で4人による発表がありました。それぞれ特徴のあるいい発表だったと思います。その中には私も含まれています。(笑)
 夜の交流会は楽しかったのですが、飲みすぎました。最近こういう「悪酔い」が増えてきています。反省、反省!!
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2014-06-17 08:55
ご苦労様でした。楽しく飲めてうらやましいなあ。佐々木さんの話も楽しかったことでしょう。
by yksayyys | 2014-06-17 06:29 | 社会 | Comments(1)