NIE研究会から

 鹿児島県NIE研究会に参加しました。昨年度は、全国大会で実践発表させてもらったのですが、「ちょっと苦手な雰囲気」もあって足が遠ざかっていたのですが、妻の薦めもあって今回は顔を出してみました。川野先生から今回の講師の方の特異な経歴も聞いていたのでちょっと「おもしろ半分」で出てみました。会場は南日本新聞会議室。あそこはセキュリテュイチェックの厳しい所で、受付で番号カードを受け取ってようやく扉の向こうのエレベーターに乗れるという「秘密会合」めいた手続きが必要になります。会場に入ったらほどなくNIE研究会の総会が行われ、私の苦手なNさんが議長をし、シャンシャンと進んでいきました。続いて実践報告。新聞記事によればタイトルは「新聞こそが最良の教材」・・・私の嫌いなタイトルでした。「新聞こそ」とか「最高の」「唯一の」とかいかにも新聞社が喜びそうなタイトルには「おいおい」という気がして敬遠したくなります。が、報告が始まってみるとこれが「面白い」のです。スタートから報告者の方が「最近、憲法改正とか教育基本法改正とかきな臭い情勢で非常に心配している。」と述べました。おそらく会場にいる人の3分の2くらいは「違う思想・信条」の持ち主ではないかと思われたので思わず周囲の人たちの顔を見渡したものです。特に今回の講師は「あっち系統(笑)」だと聞いていたのですぐに表情を見ましたが、複雑な顔をしていました。多分あの時にあの講師の人も会場の雰囲気を探っていたのではないかと思います。実践もとても興味深いものでした。レポート自体は口調もレジュメも「淡々」としていましたが、高校生たちと「テーマをたて」複数の新聞を読み比べて読解力を育てるという国語の授業は生徒達もコメントの「深さ、面白さ」もあってどんどん引き込まれていく感じでした。圧巻は、「教育基本法」に関する報告で、そこをメインに報告するこの先生も大したものですが、生徒達のコメントも実に面白いものでした。質疑では、川野先生がいくつか聞いていたのですが、この川野先生の発言もあって会場はいっきにリベラルな雰囲気に包まれました。「この報告を聞けただけでも来て良かったな」と思ったものです。続いて講演ですが、「腹をたてながら聞くことになる」と思っていたのですが、予想に反して「勉強になる」報告でした。現場、行政、大学と渡り歩いているだけに「どういう情報が求められているか。どういう話が聞きやすいか。」を十分心得た内容でした。おそらく、「意に反してリベラルな人たちがいる」と察して過激な発言は控えたのではないかと「私は」考えました。
 ただ、以前新福さんも言われていましたが「NIEは学会を作る程のものであろうか。」という疑問は感じました。私も「教材論」「教育方法論」として大切なものとは考えていますが、これを「社会に還元する理論として構築する」というにはどうか・・・・・まあ、学会なんて星の数ほどあるでしょうから、無意味な事はないと思いますが。
 まあ、結論としては充実した1日でした。川野先生、両研究会ともいろいろありがとうございました。また、いろいろ教えて下さい。

 この文章でブログが250号になりました。100号が目標でしたので出来すぎです。ではまた・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-05-22 11:41 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧