ブログトップ

アマノジャクはこう考える

報復の連鎖

 第一次世界大戦が「世界の火薬庫」と言われたバルカン半島の一発の銃声から始まったことは周知の事実です。そして、今イスラエルとパレスチナが暴力による報復の連鎖の中にありますが、この始まりはイスラエルの少年たちが何者かに殺されたことによるものでした。そして、その後パレスチナの少年が何者かによって殺され、その後はお互いにロケット弾の応酬となっています。死者は日に日に増えていくばかりです。この中東問題ほど切なくなるつらい問題はないように思えます。もちろん、中東戦争のそもそもの原因をイギリスなど欧米の国々の責めに帰すことは簡単なことです。しかし、未来の展望が見えません。祖国を持たぬ迫害の歴史を持つユダヤ人、故郷を追われたパレスチナ人。共生の可能性はないのでしょうか!今日もロケット弾が飛び交い、多くの罪なき命を奪っているのでしょうか!
[PR]
by yksayyys | 2014-07-16 21:36 | 社会 | Comments(0)