ブログトップ

アマノジャクはこう考える

クリフトン年代記は7部まで

 ジェフリー・アーチャーの「裁きの鐘は」(上)(下)は宮崎の往復で読み通すことができました。が、最後はいつものように「衝撃の結末」で「まだまだ続きまーす」という終わり方でした。このクリフトン年代記は今第3部まで終わりました。当初は第5部で終わるとのことでしたが、第7部まで続くことが決定しているとのことでした。イギリスではもうすでに第4部まで終わっているようですので著者さえ元気ならまだまだ続くようです。大いに楽しみです。
[PR]
by yksayyys | 2014-08-17 19:00 | 読書 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31