ブログトップ

アマノジャクはこう考える

慰安婦報道

 慰安婦問題をめぐるA新聞攻撃で最も心配なのは「慰安婦問題そのものが存在しない」ということにつながりはしないかということです。一部週刊誌による「世界中に嘘をまき散らした」等の報道にはそういう目的が見え隠れしている。戦争中に軍が関わった慰安婦制度があり、多くの女性たちが悲惨な境遇を過ごした。そういう人権問題があったことに間違いないことを確認しておかなければならない。批判勢力は最初は「そういう自虐的なものは教えるな」という論法であったが、途中から「強制的に連行」の部分を集中して攻撃するようになり「首に縄をつけてでも連れていくような強制連行はなかった」から「従軍慰安婦問題は存在しない」という論法に切り替えてきており、今回のA報道でそれが既成事実化しようとしている。
 
 昨夜は、A新聞が原発の吉田調書報道を謝罪した。原発、慰安婦、どちらも私にとっては歴史的にも現在的にも重要な問題であることに間違いない。
[PR]
by yksayyys | 2014-09-12 06:48 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・