学校新聞コンクール

 今朝の新聞で、今年の学校新聞コンクールにおいて我が子のいる小中学校が一席つまり一等賞をとったことが報じられていました。実はうちの娘は新聞委員会委員長で生徒の責任者なんです。こちらに来ている時もいつも編集の進み具合を気にしていました。もともと文章や絵を書くのが好きなタイプなのでその仕事がピタリと合ったのだろうと思います。そして、下の息子も新聞委員です。お姉ちゃんの指示であれこれさせられているようですが、この子は知識はあるのですが表現がイマイチですのでお姉ちゃんがうまくこき使っているのだろうと思います。
 とにかく、うちの子どもたちなんて大規模校にいたらただ「埋もれていた」存在だろうと思います。それが極小規模校にいたおかげで様々な活躍の場を与えてもらっているような気がします。親としてとても嬉しいことです。しばらくするとこの学校新聞コンクールの結果は写真、コメント入りで大きく報道されます。これがおじいちゃんおばあちゃん達には大きな大きなプレゼントにもなります。あー、良かった良かった!
[PR]
Commented by ぷくぷく at 2014-10-16 09:18 x
おめでとうございます。南日本新聞で記事を見ました。ひょっとして、あまのじゃく氏の子どもさんが大活躍では?と思っていましたよ。すばらしいですね。実はなかなか1席はむずかしい。私は新聞部の顧問でしたので、よくわかります。
Commented by yksayyys at 2014-10-17 18:09
 ありがとうございます。知識はないが表現好きな娘と知識はあるが表現下手の息子の共同作業を間近に見ていましたので感慨深いものがあります。常連校が強い中でよく頑張ったと思います。
by yksayyys | 2014-10-15 20:25 | 育児・家庭 | Comments(2)