ブログトップ

アマノジャクはこう考える

地域の運動会として

土曜日に我が子、我が妻の学校の運動会、体育大会に参加してきました。娘は応援団長として全力を尽くしました。良くやったと思うのですが、勝敗に敗れたためか閉会式では涙をためていました。息子も整理運動をするなど積極的に動いていました。姉とはじめて同じ組になりましたが、応援団は二人三脚だったと聞いています。妻は放送係で最初から最後まで忙しそうでした。私も、例年通りビデオ撮影係でした。毎年、多くの職員が入れ替わるのでビデオ映像は貴重らしく今年は特に念入りに撮影しました。
 我が子が転校した時は全校生徒6人でしたが今は倍増の12人です。ただ、島に生まれ育った生徒は今年の中3の男の子が最後になります。これからは、教員の子どもか「留学生」によって維持していくしかありません。それを支えていくのが子どもたちを囲む島の人たちです。私も家族を預けることでこの島から多くを学んだ気がします。
[PR]
Commented by ska37o at 2014-10-21 16:51
貴重な運動会役員だったんですね 笑 ごくろうさまでした。
地域密着のすばらしい運動会(体育祭)だったのでしょうね
by yksayyys | 2014-10-20 17:33 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31