作文

 今日、妻から連絡があり、中2の娘が県の作文審査会で特選に選ばれたそうである。県で10人ということであった。内容はホームステイに関するもの。最初の原稿を夏にチラッと読んだ。確かに「体験」としては貴重な内容が含まれているなとは思ったが、せいぜい地区の入選くらいだろうと思っていたので意外だった。
 娘は、島の学校に行って大きく成長したと思う。行った1年目は「早く帰りたい」と泣いて過ごしていたようであるが、その後の3年間は見違えるようである。昨年は、美術展で入賞し、今年も学校新聞コンクールを指揮し、体育大会では応援団長で親を驚かせた。そして、今回の特選。私は妻にメールで聞いてみた。「感性が豊かなのか、導き手(教員)のおかげか、その両方か」と!妻からは意外な返事が返ってきた。「一途さ」だと!なるほど頑固なところ、コツコツ積み重ねるところがある。間違いなく母親似である。私にはそういうところはない。私は「思いつき」と「思い込み」の「その日暮らし」である。そういうところは息子が似ているかもしれない。ちなみに娘は、顔は父親似である。ついでに言うと血液型、星座、干支までみんな私と一緒である。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2014-10-30 08:28
おめでとうございます。娘さんはお父さんとお母さんの優れたところを受け継いでいるようですね。うらやましいかぎりです。
Commented by yksayyys at 2014-10-31 02:16
(父)親はなくとも子は育つという典型でしょうかね!
by yksayyys | 2014-10-28 22:52 | 育児・家庭 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧