ブログトップ

アマノジャクはこう考える

トラブル続出

 世の中そうはうまくいかないもので、文化祭前日になってからトラブルが続出しました。やはり神様は少々いたずら好きなようです。まず、朝生徒の自転車事故が起きました。劇の主役級の男の子です。病院では腕の骨折、足の打撲と診断されました。不幸中の幸いで劇への出演は可能となりましたが、動けないことからセリフ、動きの手直しをすることになりました。直前に起こった大きなトラブルでした。そして、授業中は女子生徒の度重なる失礼な物言いに堪忍袋の尾が切れて相当な雷を落としました。あまりそういう怒り方をせず「仏の・・・」と言われている私ですが、さすがに我慢できないことがあります。そういう意味で午前中はイライラと不安の時間帯でした。
 午後は昼休みに郷土研究会の研究発表リハーサルがありました。徹夜で書き上げた6人の原稿でしたが、6人ともちょうど3分ずつでおさまりました。予定通りです。これも年の功ですかね。5時間目は文化祭の会場作りの指揮でした。30代までは他人の仕事でしたが最近は指揮を担当する事が多いです。シート敷き。パイプ椅子並べ。長机準備など。生徒がよく動いてくれるので助かります。早く進んだのでちょっと気を利かして他の仕事もやらせたら、同僚からえらく感謝されました。私が会場作りに行っている間に劇の生徒たち34名は、校庭の芝生の上でセリフの通し稽古をさせました。「真面目にしないだろな」と思っていましたが、他学年の同僚から「みんな円になって練習してました。いい光景でしたよ。」とのことでした。ここまでくればもういいですね。教師は「肥やし」みたいなものですから育ちだしたらもう用はありません。6時間目は最後の「通し稽古」でした。いちおう「昨日の方がよかった」などと嫌味を言ったりしましたが、練習のすべてを終了したことを告げました。放課後は教科の展示の準備をして早めに帰りました。が、すっかり疲れてしまい帰宅後横になったら今頃目が覚めました。これから劇と研究発表のスライドの最終チェックをします。
 いい劇、いい研究発表になると思いますよ!
[PR]
by yksayyys | 2014-10-31 01:02 | 学校 | Comments(0)