ブログトップ

アマノジャクはこう考える

女川

f0066076_2310851.jpg翌日、プクプクさんの案内で被災地をまわりました。ここは女川です。壊れた建物がごらんの通りそのまま残されていました。私、ここの生徒の作文で授業をしたことがあります。ここは30メートルから40メートルの津波が来たということです。その証拠に高台の病院が水に浸かった跡がありました。「こんな高い所まで」と驚きました。この写真を撮った場所よりさらに高いところまで津波が来たんだそうです。典型的なリアス式海岸ですので波がより高く舞い上がったものと思われます。低地はガレキはどこかに運ばれ、土地のかさ上げが行われていましたが、「3年たってもこの程度か」と驚きました。しかし、この土地にはたして人々は帰って来るのでしょうか。プクプクさんは「地域の消滅」を心配していました。
[PR]
by yksayyys | 2014-11-24 23:18 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31