バスの中で

2日目に会場への行き帰りのバスでゆっくり話をする機会に恵まれました。行きはN福祉大学のM橋さんでした。歴教協の日本前近代分科会で何度かお会いしていましたが、今回ゆっくりいろいろな話を聞くことができました。今は愛知の大学ですが、週に1度は早稲田大学の講義も持っていて月に1度は韓国の高麗大学にも講義に行っているということでした。「呼ばれる」ということ自体すごいことだなと思います。「韓国ではどういう講義をされたのですか?」と聞くと「日本人と桜の関係について話しました。」ということでした。そういえば、以前一緒に強制連行の聴き取りをした中国人留学生も「日本人と桜」を研究テーマにしていました。日本人は「日本人と桜は深い関係がある」と思っていますが、そういう物語も実は近代の中で作られたもので、ソメイヨシノなんて最近普及した桜なんだということを聞いて驚きました。まだまだ続きを聞きたいと思いましたがバスが到着してしまいました。帰りのバスの中では、発表を終えた茨城のI上さんと一緒でした。やはり歴教協の日本前近代分科会で一緒になる人で、とてもいきいきした授業実践をする若手です。 聞いてみると、千葉大学にいる頃からM原武夫さんやK藤公明さんらに声をかけてもらっていたということで早いうちから討論授業や生徒主体の授業に取り組んでいたということです。私は「あなたみたいにフットワークの軽い人がいいよなあ。」と妙なほめ方をしたところ、I上さんは「先生の劇の取り組み、いいですよねえ。」と言ってくれました。私、そんな報告をした事があったんですかね。どこで誰が見てくれているかわからないものですね。ただ、劇の取り組みって苦労し、効果もあると思うのですが、検証することができないんですよね。研究にならないということでしょうか。そんな事を話しているうちにバスが静岡駅に到着してしまいました。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2014-12-01 18:54
私はM橋さんとも、K藤さんともお話ししたことはないですよ。すごい人脈ですね。
by yksayyys | 2014-12-01 18:31 | 社会 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧