ブログトップ

アマノジャクはこう考える

カリスマ主婦

 家の近くに「カリスマ主婦」が住んでいる。自宅の一部を雑貨屋にしているその主婦は雑誌・テレビでも繰り返し紹介され、看板があるわけでもないのにひっきりなしに「おしゃれな」主婦達が集まってくる。日曜日はセールだったので、家族みんなでのぞきに行った。私は、室内に入った瞬間そのメルヘンチックな雰囲気を感じ「ここは俺のいる場所ではない」とすぐに息子を抱いて外に出た。外では、多分家に居場所がなくなったと思われるこの家の「亭主」が携帯とにらめっこしながら腰をおろしていた。「すごい人気ですね?」と声をかけると「ありがとうございます。」と頭を下げた。ここの家族は服装も常にメルヘンチックである。子ども達もヘンゼルとグレーテルのようである。家は南仏プロヴァンス風(本当かよ)で庭は花と緑が微妙なコントラストを描いており、壁には蔦が張っている。妻は、車のコインボードの硬貨をかき集めて紅茶を買ってきた。バナナ風味だという。
 実は、うちの娘がこの「カリスマ主婦」に影響を受けている。「うちで店を開く」が最近の口癖である。いろいろ悩んだ末に「クッキーのお店」に決めたそうである。スーパーの「クッキー」ではなくお菓子の「クッキー」である。1階のリビング・ダイニングはすべてお店にするんだそうです。最近、「お店やさんごっこ」に真剣味が加わったのもそのせいだと思われます。以前は「何でも10円でしたが、最近は商品によって値段が違っています。ただし、相変わらず「ケーキを下さい」というと「プリンの方がおいしいですよ。」と商品を指定して売ろうとします。ちなみに、お店を開くと2階は「娘の部屋」になるんだそうです。そして、妻は「納屋」で私は「お風呂」で生活するんだそうです。さあ、どうなることやら・・・・
[PR]
Commented by ほうしん at 2006-05-30 07:11 x
「ネタもの」かと思ってしまいましたよ。娘さんのリアリズム(妻は「納屋」で私は「お風呂」…)には、驚くほど微笑ましく大笑いしてしまいました。『事業』が大成功される事を祈ります。
by yksayyys | 2006-05-30 00:17 | 育児・家庭 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・