ブログトップ

アマノジャクはこう考える

ハプニングはあったけれど

 今日、研究授業が6時間目にありました。自己採点では80点です。結構高い自己採点です。減点の理由は「パソコンの裏切り」です。大事なところでパソコンと大型テレビの接続がおかしくなり、パソコンの操作が伝わらなくなりました。だいぶあわてましたが、機器を使うには危機はつきものです。何とか落ち着いて残りの時間をつないだことをむしろ自分で褒めたいと思います。時間配分は、私の研究授業歴の中では最も適切というか「計画通り」でした。無理をした覚えはありませんので、計画そのものがよく練られていたということではないかと思います。何より良かったのは生徒の反応でした。今の学校に来てから一番よかったのではないかと思います。支援を要する生徒とみられている生徒が3度にわたって挙手をして発表しました。それだけで私は満足でした。 
 授業研究はつまらなかったですね。「この授業は入試に対応できないのではないか。」「発表者の語尾がきちんとしていない。」「小テストは綴らせるべき」・・・・私としてはどうでも良いことばかりでした。いちおう誠実に答えたつもりです。最後の校長は「べた褒め」でした。「この先生の授業はいつ見ても素晴らしい。今日も内容、活動ともに素晴らしかった。・・・・・」私は内心「その通り」と思って聞いていましたが、最近校長はよく私のことを褒めるので職員の反応はそれぞれ一筋縄ではいかないようでした。まあ、人間ですのでそんなもんでしょうね。
 ただ、放課後ある教師とのやりとりが気になりました。私は多国籍企業、グローバル企業の扱いについてずいぶん控えめに教材化したつもりでしたが、ある教師は「今日の授業を見て、生徒がそれに従うとすれば社会科教師の影響は怖いと思いました。」と言いました。私はやりとりの後、内心「あれくらいの授業で・・・」と思いました。世の中ますます狭く偏ってきているのではないかと危惧しています。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2015-01-26 21:47
研究授業ご苦労様でした。あまのじゃく氏のことなので、優れた授業だったと思います。行間に満足感が浮き出ていますね。それにしても授業研究のレベルの低さには驚くほどです。教師としての力量形成を図ることの難しさというのを感じさせますね。今晩はピールがさぞかしおいしかったことでしょう。私が見に行っていたら、中央駅前で乾杯だったのですけどね。
Commented by yksayyys at 2015-01-27 19:36
ひとりでビールと「上善如水」で祝杯を上げました。いつもイベントのたびにプクプクさんにねぎらいの酒宴を開いてもらったことを懐かしく思い出します。同僚には「理解不能」な部分が多かったようです。他教科の人たちには「教科書を使わない」ことがまず不思議なようでした。まあ、とにかく生徒達と楽しい時間が過ごせて幸せでした。
by yksayyys | 2015-01-26 19:39 | 学校 | Comments(2)