ブログトップ

アマノジャクはこう考える

ヒューマンリレーション

 手塚治虫はマンガだけでなくアニメにおいても創始者といっていい人です。が、先日のTV番組ではアニメ製作に苦悩する手塚の姿がありました。手塚を悩ませたのは「ヒューマンリレーション」つまり人間関係でした。マンガはひとりで書けますが、アニメは比較にはならない大勢の人間が関わります。そして、それに見合った予算を出してくれるスポンサーがつきます。作者の希望でどうにでもなるものとはいかなくなるのです。それは、アニメのストーリーにまで影響しました。「悲劇で終わりたい」作者と「ハッピーエンドで終わりたい」会社側。結局、ハッピーエンドにして興行的には大成功をおさめます・・・・・・
 私も今「ヒューマンリレーション」で少々ノイローゼ気味です。学年の世話役をしているのですが、一昨日は進路実務の流れがバラバラで「決められた作業ができていない」ことで私は職員たちを一喝しました。あんなに強い口調で叱ったのは初めてでした。するとしょんぼりする者もいました。しかし、むくれて逆ギレする者もいました。謙虚さを失った人間の愚かさを見たような気がしました。集団で仕事をするって本当に難しいものです。
 でも、独力で生きていく能力も持ち合わせていないしなあ!みんなこうやって生きていっているんですよね!
[PR]
by yksayyys | 2015-02-07 09:05 | 学校 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31