泣いちゃった!

 本日、卒業式でした。勤務校に来て以来最高の出来だったと思います。生徒の動き、歌は完璧でした。多くの生徒が涙を流していました。
 そして、不覚にも私も泣いてしまいました。答辞あたりから少しウルウルしていたのですが、卒業の歌「旅立ちの歌」で号泣してしまいました。言い訳をするなら、私あの「旅立ちの歌」に弱いんです。あの曲のイントロが流れるだけで私はイチコロです。
 昔、卒業式をめぐって職員会議で論争になった歌が「君が代」と「仰げば尊し」でした。どちらも歴史認識、価値観にもとづく論争でしたが、「君が代」についてはより強力に儀式に位置づけられ今は「国歌」と扱われています。が、「仰げば尊し」は自然消滅してしまった感があります。それは「旅立ちの歌」がその歌詞、メロディーのすばらしさで自然に取ってかわってしまったからです。国旗・国歌法案のような法的縛りがかけにくかったのもその理由にあるでしょうが「いいものはいい」ということなのだと思います。
 卒業式は目論見通り早い展開で進み、卒業生見送りは例年より30分ほど早くなるほどでした。
 私の学年の世話役としての仕事はこれで99%終わったような気がします。

 昨夜から激しい偏頭痛があり、式終了後病院に行きましたが、薬で収まりました。ストレスとそれにともなう睡眠不足のせいだろうと思います。

 ここ数日自分に言い聞かせてきた言葉があります。それは、「物事には必ず終わりが来る」!
やっと来ました!
[PR]
by yksayyys | 2015-03-12 18:05 | 学校 | Comments(0)