ブログトップ

アマノジャクはこう考える

戦没学童慰霊碑

f0066076_16524924.jpg
 今日、家族4人で阿久根に出かけました。そう、再び「うに丼祭り」に参加するためです。今回は前回とは違う店でうにを堪能するつもりでした。車を阿久根港に走らせると漁協直営のレストランが目に入りました。開店30分前なのにすでに駐車場に車がいっぱいでした。あわてて予約名簿に名前と人数を予約して待機しました。開店の午前10時40分にはすでに大勢の人だかりでした。幸い、14番目に入店でき、私と娘はうに丼定食。息子はマグロ寿司定食。妻は特選寿司定食を注文しました。ほどなく料理が運ばれてきました。味は?残念ながら前回のお店のほうがおいしかったです。娘も同じ意見でした。ただ、メニューが豊富なので「今度は別料理で!」と思わせる店でした。
 帰りは川内に寄り戦国村を見物しました。大河ドラマのほとんどの鎧兜を作っているところです。その後、以前訪ねた滄浪小学校に行きました。戦争中、米軍のグラマン機に機銃掃射を受けて亡くなった小学生7人の慰霊碑がある学校です。3年前に閉校になっていてさびれた感じでした。写真を撮り、裏の説明を読んでから帰宅しました。
 昨日は憲法記念日。慰霊碑の前であらためて平和憲法堅持を誓いました。
[PR]
Commented by totuki at 2015-05-07 07:31 x
久しぶりにこの碑を見ました。廃校になったあと、どうなっていたのか気になっていたので、現在もちゃんとあることを教えてもらい、良かったです。ありがとうございました。
by yksayyys | 2015-05-04 16:50 | 社会 | Comments(1)