ブログトップ

アマノジャクはこう考える

英語検定と「はてしない物語」

 娘の新学期は相変わらずのようです。しかし、「学校に行きたくない」とは言わなくなりました。もしかしたら「慣れ」たのかもしれません。ひとつ言えるのは娘にはひとつ目標ができました。それは英語検定の試験です。次の土曜日に英語検定準2級を受験します。2,3週間前から問題集片手に勉強を始めています。ただし、娘曰く「さっぱりわからない」ということです。そういえば準2級は高校生レベルの内容。まだ習ってもいない範囲を独学でやっているので、問題集を開いてもリスニングCDを聞いても「Oh my god 」の状況のようです。昨夜は、かわいそうに思ったのか母親がつきっきりで問題を解くのにつきあっていました。夜中に夫婦で語り合ったのは「今回はチャレンジということで、合格めざせとは言わないことにしよう!」ということでした。そんな状況の中、今朝は過去問を時間を測りながら解かせてみました。結果、75問中正解は34問でした。妻に聞いたら合格ラインは45問とのこと。私は思わず娘に言いました。「あと10点じゃん。いけるいける。」これを親ばかと言わず何というでしょう。そうしたら娘もその気になったようで、1日中英語検定に向けた勉強をしていました。やはり、目標があるということはいいことです。ただ、試験は土曜日!時間不足は否めません。内心、「2回目が勝負」と父親は思っています。
 息子も学校生活では娘と大差はないようです。が、息子は本を友達にしているようです。ずいぶんと厚めの本を借りてきて読んでいます。市の図書館からもいっぱい借りてきています。読むペースも早いので、今は読書が唯一の楽しみなんだろうと思います。今読んでいるのがミヒャエル・エンデの「はてしない物語」(ネバーエンディングストーリー)です。ちょっと前までは重松清にはまっていましたが、今はファンタジーが好きとのことです。他人の痛みのわかる想像力豊かな人になってほしいものです。できれば二人とも学校生活もエンジョイしてほしいのですが・・・
[PR]
by yksayyys | 2015-05-31 19:50 | 育児・家庭 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31