聖徳太子は!?

 最近、人前で話をする時に「歴史が作られる」という例で「聖徳太子」の話をします。日本書紀の中で「天皇中心の歴史」にするために聖人伝説が作られたというものです。最も積極的に「いなかった」と言っている大山誠一をはじめほとんどの歴史家は、現在ある聖徳太子像には何らかの潤色がされていると述べています。そこで、先日蔵書の中から「聖徳太子」「推古朝」「蘇我氏」関連の本、論文を引っ張り出して読んでみました。読んでわかったことは潤色されているのは間違いないとしてもその「聖徳太子」像については歴史家それぞれに解釈が違うということです。なるほど、いつもうちの会長Nさんが言うように「歴史はそう単純じゃない。複雑なものだ。」ということがよくわかった気がしました。そのうえで結論づけたいと思います。「わかりやすい物語には気をつけろ」ということです。先日手に入れた教育再生機構のパンフレットでは相変わらずの「聖徳太子」聖人説を数頁かけて書いてありました。たいがいの人はその記述の方が落ち着くのかもしれません。しかし、それでは「歴史」はわかったことにはなりません。
[PR]
by yksayyys | 2015-07-31 16:13 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧