西都原考古博物館

f0066076_82933.jpg
 ひまわり畑の後は西都原考古博物館に向かいました。上旬に行われた中社研のフィールドワークで訪れたばかりの妻が案内してくれました。まずは、この博物館の建物・施設に驚きました。私は近所にあるような公民館に隣接してある郷土資料館をイメージしていたのですが、遙かに立派な建造物であり立派な展示内容でした。妻の話では、建設にあたっては大英博物館を視察に行ったそうですが、それを思わせる重厚な造りでした。展示も工夫されてありました。観るものを飽きさせない工夫もそうですが館内あちらこちらにガイドが配置されていました。それに何と入場料が無料。宮崎は太っ腹だなと思いました。隼人の説明のところでは研究史の整理がされてありましたが、最新の研究の成果はN会長でまとめられてありました。さすがです。鹿児島ではすでに有名なN会長。宮崎でもすでに有名人なのでしょう。この後、古墳群をひとつひとつ観てまわりまわりました。その頃からまた頭痛が始まりました。

 見学後、宮崎市内のホテルに向かいました。利便性を考え妻が中心街のシティホテルを予約していました。「事件」はそこで起きました。部屋で少し休憩してから「さあ、夕食を」ということになり家族でホテルの廊下をエレベーターに向かっていたらエレベーターのドアがすっと開きました。そして、そこから歩いてこちらに向かう人のシルエットは明らかに「誰かと一緒。」!私たち夫婦は大笑いしました。「まさか、こんなところで!」その人は何とN会長でした。隣の県のこのホテルのこの11階でこの時間にこの廊下で、まさかN会長にバッタリ会うとは!おそらくN会長も驚いていたと思います。この時の会話のおかげで翌日のフィールドワークの行程も決まりました。

 その後、夕食で地鶏料理を堪能し調子に乗ってビール、焼酎を久しぶりに飲んだところ、夜中に頭痛が激しくなりまた眠れない夜を過ごすことになりました。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2015-08-22 09:43
笑ってしまいました。N会長の表情が目に浮かびそうです。
by yksayyys | 2015-08-22 08:44 | 育児・家庭 | Comments(1)