ブログトップ

アマノジャクはこう考える

領土教育

 最近、領土教育強制の動きが強まっています。夏休み明けには、内閣府から「北方領土問題」に関するアンケートが届きました。文部科学省の通知も同封されており、記名もしないといけない不可解なアンケートです。全国中学校社会科教育研究会の通知も同封されていたせいか、知り合いの社会科教師から対応の問い合わせが来ました。とりあえず、「強制ではない」「気が進まなければ無視すればよい」と答えておきました。自分もそのままにしてあります。そして、先日は外務省から「竹島」という分厚いパンフレットが届きました。Q&A方式で、韓国の不法性を訴えるものとなっています。外交を司る外務省が外交問題を自ら引き起こそうとしている不思議な現象と言えます。こういう動きはすべて安保法制法案の動きとセットになっているような気がします。ナショナリズムの高揚を煽るばかりの政府には退場していただきたいものです。
[PR]
by yksayyys | 2015-09-12 04:33 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・