ブログトップ

アマノジャクはこう考える

大きかった醍醐寺

f0066076_1026352.jpg
 写真は醍醐寺です。醍醐も初めてでした。山科周りで行きましたが、「こんなところに醍醐があったのか」と驚きました。あと京都の東西線という地下鉄が全線開通していて、嵐山から宇治まで通じていたのに驚きました。また、醍醐の境内の広さと伽藍の大きさに驚きました。醍醐といえば「醍醐味」と「秀吉の花見」が有名ですが、奈良の東大寺や興福寺を思わせるような大きな大きなお寺でした。シンボルは五重塔ですが、やはり印象的な建物でしたね。写真を載せようとしましたが、どうしても写真が横向きになってしまうのであきらめました。この写真は奥にあった庭園です。大きくはないのですがうっとりするくらいきれいな庭でした。ここで隣にいたおじちゃんが話しかけてきました。実父がこの寺が好きで今病気なので写真を見せてやりたいと思ってきたのだそうです。こういう人との出会いも旅の楽しさのひとつですね。あと、入り口の看板に信じられないくらいの国宝の数が書かれてあり「絶対に嘘だ」と思って境内や宝物館に入ったのですが、次第に「それくらいあるかもなあ」と思うようになりました。宝の寺ということでしょうか。
[PR]
by yksayyys | 2015-11-03 10:20 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31