ブログトップ

アマノジャクはこう考える

給与見直し

 昨日の朝日新聞に「教員の給与見直し」の記事が載っていました。「評価制度」導入に続き、ついに「タイムカード」「残業手当」導入となるようです。結局、すべてが民間と同じになるようです。これまで一律4%の教職調整手当だったのが、残業によって「個人差」が出てくるというわけです。この記事を見て妻がすかさず「私なんか家に帰ってからの仕事がほとんどなのに」と不満たらたらでした。確かに毎日夜の1時か2時までテスト作成、原案づくり、通信作りをやっているようですが、家に帰ればこういうものは全く加算されず、やることがなくいつまでも学校でブラブラしている独身教師たちが手当をごっそりもらえることになりそうです。新聞によると、残業手当の増大で結果的に給与総額は増えるようですので、その分どこかにしわ寄せが来そうです。きっとそのねらい目は「私みたいな教師たち」だろうと思います。モチベーションの「著しい低下」は避けられません。
[PR]
by yksayyys | 2006-06-12 01:49 | 社会 | Comments(0)