監視と密告

 天文館と中央駅界隈で民間の駐車違反取締が本格化しているといいます。特に天文館は、今でも監視カメラが随所に設置してあり、映像の警察への提供にも協力姿勢を見せています。それに、民間の「取締」が加わりますので、鹿児島最大の繁華街は「監視と密告」の町となってしまいました。そして、これに国民総背番号制が加わり、先ほど国会で審議された「入国管理法」の改正により、国民の「指紋集め」が終了すると、いよいよ権力の「監視・密告制度」の仕上げといったところでしょうか。「入管」法について入館職員の人は次のように言ったそうです。
「三菱商事の社員や朝日新聞の社員とわかっている人に細かいチェックなんかしませんよ。そうでない人たちのために調べるんです。」
 正直といえばそれまでですが、何という「差別感覚」なのでしょう。改憲が終了するころには、「実質的な改憲」がすでに完成し、新しい治安維持法ができあがっているのでしょうか。極端な譬えにならなくなってきているような・・・
[PR]
by yksayyys | 2006-06-12 07:56 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧