ソフトクリームと教え子

 日曜日に、家族4人で日置市飯牟礼の内牧場のソフトクリームを食べたところとてもおいしかったので、今日息子と2人で再度食べにいった。息子は昨日のコーンのバニラから今日はカップのミルクに変える。変えた理由はひとつ。カップだとこぼさないし、ミルクの方が健康的だから。対して私は昨日と同じくコーンシングルのコーヒー。当たり前ですが、「今日もおいしかったです。」客も次々に来ていました。親子2人でテラスで道路に面した席で食べていました。すると駐車場にすっと車が入ってきました。大繁盛なので車は次々に入ってくるのですが、この車は運転手、助手席ともに視線がこちらをとらえています。それもそのはず、かつての教え子とそのお父さんでした。兄妹3人のうち2人を担任したせいかお父さんともおなじみで、車中から出てきた2人としばらく話し込みました。運転手がお父さん、助手席は次女で、これから私が3年の時担任した長男の子どもが病気なので、今からお見舞いに行くということでした。その長男の子どもは双子で一人は障害を持っているとのことで、お父さんもずいぶん病状を心配しているようでした。ユーモアたっぷりの長男、剣道一筋の次女、2人とも印象深い教え子です。
 あの頃の教え子とは結びつきが深いんですよね。保護者ともザックバランなつきあいができていたし・・・残念ながら今の学校に来てからそういう関係が少なくなってきた。大いに反省すべきところである。これは教師としてのテクニックの問題ではなく「姿勢」の問題であると自覚している。もう一度子どもとも保護者ともそういう関係を作ってみたい。切にそう願う。
 息子はニコニコでこの親子に「バイバーイ」を連発していた。好感度アップに大いに貢献した親孝行の2歳児でした。
[PR]
by yksayyys | 2006-06-12 18:49 | 育児・家庭 | Comments(0)