シェーカー

 カクテルなどを作る時にグラスの中でかきまわす棒をシェーカーと言います。かきまぜ棒とも言います。私はよく学校やその他の組織の中でそのシェーカーになっている時があります。簡単に言うと「後先考えずに言いたいことを言いまくる」ということです。今日の文化部長会でもそうでした。上からおろしてくる指示・情報とは全く関係なしに意見を何度も言いました。でも、組合の場合基本的に意見はよく聞いてはくれます。その他の組織だとそうはいきません。反感を買ったり、悪意にとられたりすることが珍しくありません。それを考えると県文化部長であるSさんは好意的に耳を傾けてくれました。
 これって有り難いことです。スルーが繰り返されると「あきらめ」が生じて物を言わなくなります。とりえず受け止めてもらえていることは有り難いことなのです。
 私みたいな「異議申し立て」型は表向きはともかく実際には歓迎されません。でも、「和をもって貴しとなす」の日本社会においてそういう人間が尊重されることは重要なことだと思います。
 かと言って、私が大切な事を言っているかどうかということは全く別なことです。ただ、幸か不幸か私に喰ってかかる人間は古今東西、老若男女を問わずほとんどいなかったような気がします。実はそれを待っているんですけどね!これはこれで「孤独」なものです!
[PR]
by yksayyys | 2016-02-27 20:08 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧