明日に控えて

 いよいよ明日隼人文化研究会の報告です。今、高校入試3日前(これも深刻!)の娘と2人で最後の追い込みをしているところです。原稿はすでにあるのですが、それを今の問題意識につなげてスライドにまとめているところです。こういうプレゼンは得意中の得意なのですが今回ばかりはそうはいきません。生徒や教育関係者相手だったらどうってことないのですが、明日は県内外の歴史研究者たちが集まります。これまで何度も参加したことがありますが、事実の確認、解釈の適否に関する細かく厳しい指摘にはいつも驚かされていました。先ほど夏のフィールドワークでお世話になっているK大学のH先生から事情により参加できない旨のお詫びとK大学の同僚にレジュメを渡して欲しい旨のメールが来ました。「ああ、H先生も来る予定だったんだ。」と恐縮しています。午前、午後合計4人の発表者がいて、まあ私は「前座」と考えればいいのでしょうがやはりドキドキです。
 明日は鹿児島マラソンということで交通規制、大渋滞が予想され、参加者の人数もなかなか読めませんが、きっとギリギリまで緊張が続くだろうと思います。持ち時間は90分。報告は70分から80分。もうちょい頑張ります。
[PR]
by yksayyys | 2016-03-05 10:43 | 社会 | Comments(0)