ブログトップ

アマノジャクはこう考える

初日

 今日、新しい勤務校に顔を出しました。前任校から4人の同僚が送ってくれました。ありがたいことです。新しい勤務校H中は校長をはじめ7人の職員が入れ替わったとあって朝からてんてこまいの様子でした。挨拶をすませた後は早速社会科の引き継ぎがありました。が、ひとつだけムッとすることがありました。私が担当する学年は、旧学年の教育課程がまだ終了していないとのことでした。教科書がまだ10ページ以上終わっていないと聞きました。その担当教員は異動したわけではなく、まだいるということです。私の価値観では「終了していない」のも問題ですが、終了していないのであれば責任を持って引き続き受け持つべきだと思うのです。「あとはよろしく」はあまりにも無責任なのではないでしょうか。でも、それも今はどうしようもなく私が引き受けるしかないようです。授業時数もどうやら前任校よりは多いようです。そして3年の学年主任。「来たばっかりなのに」・・・
 まあ愚痴を言ってもしようがないので気持ちを切り替えて頑張ります!
[PR]
Commented by 佐賀のT中 at 2016-04-02 09:14 x
 確かに無責任だと思います。昨年は2年生を担当していたのですが、異動を希望していたことと相持ちの先生が講師だったこともあり、「3年生を担当する先生が大変になるから、地理は全て終わり、歴史は15年戦争から始められるようにして2年生を終わろう」を合言葉に、きちんと(?)と無理やりに(?)終わらせました。あとは「春休みの宿題は出しても、点検ができないからやめとこう」と話していたのですが、学校の方針もあり出さざるを得ませんでした。「じゃ、少なくとも新しく担当する人の負担が減るように、チェックだけで済ませられるような課題にしよう」と話して決めました。ところが何と、私は留任( それも3年・進学主任 )で、講師の方もそのまま勤務となりました( もっとも、1年生所属でしたが )。「じゃあ1年生だと入学式まで時間があるから、6日に提出される課題のチェックは2人でやろう」となりました。「最後まで責任を持ってやらないと」と云うのが2人の考えでした。残すところ、あと4年。来年度はまだ勤務経験のない( 自宅からすぐの )我が母校( 出身校 )に異動ができればと考えていますが、まずは今の新3年生の進路指導を、この1年間、頑張ることです。
Commented by yksayyys at 2016-04-02 09:38
自宅で確認したところ、合計20ページが積み残されていました。3年生の歴史を「帝国主義、条約改正」から始めなければならないということです。しかもクラスごとに異なったページで終了しているとのこと。単元テストも山積みされたままです。こんな事初めてです。昨夜は重苦しい気分で床につきました。これまで極力使わないようにしてきた言葉ですが、とんでもない「尻ぬぐい」です。まだ、気分はどんよりしたままです。
by yksayyys | 2016-04-01 19:55 | 学校 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・