「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

原発

 この大地震の間も原発は稼働し続けています。今日、用事があって薩摩川内市を縦断しましたが、原発周辺に特にあわてている様子は感じられませんでした。今は断層に沿って大分に被害が拡大していますが、日奈久断層に沿って南に地震が伸びてきた場合川内原発への影響は避けられません。テレビの中で専門家はその可能性を否定しませんでした。
 私の新しい赴任校は川内原発がある自治体です。この自治体で働いている教職員の校務用パソコンはすべて「電源立地交付金」つまり原発のお金で支給されています。今日、たまたま薩摩川内市の運動公園横を通過しましたが、ドーム・アリーナともに私からすれば「分不相応」な巨大な建造物でした。この自治体はすっかり「原発利権」に浸かりきっていると思っていいと思います。
 先週行われた新任教職員宣誓式の市長あいさつは異例と思えるほど「原発」に言及しました。「みなさんは正しい知識に基づいて子どもたちに伝えてください」と言いました。私たち教職員を「安全神話」のプロパガンダに利用するつもりなのでしょうか。
 個人的に「原発」にいい思い出はないので、「この問題は誰かがやってくれれば」と思っていましたが、神様・仏様はそうは思っていないようです。あ~あ!
[PR]
by yksayyys | 2016-04-16 19:55 | 社会 | Comments(0)