ブログトップ

アマノジャクはこう考える

蹉跌

 先週の日曜日に論文の査読の結果が届きました。「不掲載」の通知でした。査読の内容はひどいものでした。今までで最も酷な文章でした。特にある方の文章には落ち込みました。その文章にあった「レベルの低いトレース」なる言葉は一生忘れないだろうと思います。しばらくは落ち込みました。もう研究からは手を引こうかとも考えました。しかし、慰安婦の論文もそこから始まったことを思い出しましたし、何よりも「きっと見返してやる」という思いがふつふつとわきあがってくるのを感じました。きっと再チャレンジしてこの体罰論文を評価させてみせます。
[PR]
by yksayyys | 2016-05-16 21:53 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・