ブログトップ

アマノジャクはこう考える

馬頭観音

f0066076_21425440.jpg
 今日も生徒と地域の史跡めぐりに行って来ました。今日の目的地はただひとつ。こないだの磨崖仏と同じ地区であるK地区の馬頭観音でした。作者は不明で作風から江戸時代の作品ではないかということです。農作業で重宝された牛馬への追悼・鎮魂の気持ちをこめたものです。頭に馬が施されているのがわかると思います。生徒たちも初めて見たようで「へー、こんなところに」と驚いていました。まだまだ面白いものがありそうです。
[PR]
by yksayyys | 2016-05-26 21:47 | 社会 | Comments(0)