職場体験学習なれど

 来週から3年生の職場体験学習を実施の予定です。私が担当ですが、1学期からかなりの時間と労力を費やしてきました。ただ、これまで何度もやってきた仕事なのでだいぶ要領はつかめているので順調に推移してきましたし、生徒たちも前向きに協力してくれています。
 しかし、直前にきて困ったことが起きました。深刻さにあわせてA級、B級の2件の事件が起きました。まずはB級。子どもたちは体験学習前に事業所に事前訪問に出かけます。そして、さらにその打ち合わせの電話をかけます。「伺ってもよろしいでしょうか」という・・・
 ほとんどうまくいったのですが、最後のコンビニが大変でした。店長が「突然電話してもらっても困る」と生徒を叱りつけたようです。「今店は自分ひとりだから忙しい。」ということのようでした。しょうがないので再度時間を確認してその時間に電話をかけさせました。生徒も慎重で私が2,3分前にかけさせようとしたら「あの店長のことだからちょうどにかけないとまた機嫌が悪くなりますよ。」と言い、時間ちょうどにかけていました。そして、ちょうどにかけたところ「事前訪問は迷惑だ。」とのことでした。結果、口頭で職場体験学習の時間帯、服装、注意事項などをやっとのことで聞き出すことができました。何ヶ月も前から打ち合わせをしてきたことだし、書類も何度も届けに行ったのにこの対応はどういうことなのでしょう。かわいそうなのは生徒です。電話をかけた生徒は感心でした。腹をたてることもなく機転を利かせて電話していました。受話器を置いた後、私は生徒たちに言いました。「君たちは偉い。でも、これも社会勉強だ。」そう言うしかありませんでした。
 しかし、土曜日にA級の事件が起きました。なんと本番3日前にある事業所から「職場体験学習を引き受けることができなくなりました。」との連絡があったのです。あわてて理由を確かめたところ「その時期は店が改装工事中。言うのを忘れてました。」とのこと。全くあきれました。1日前に電話した時まで何も言わなかったのに、直前の直前にドタキャンです。しかも、学校が休みの時にいきなりの電話。たまたま職員室に教員がひとりいたから対応できましたが、そうでなかったら・・・・・(まだ代替は決まっていません。)
 結局今あわてて代替の事業所を探しているところです。しかし、6月からずっと手紙や自己紹介カードなどを書いて準備してきた生徒は本当にかわいそうです。腹がたってしようがありません。
 「社会の厳しさ」を教えるはずの職場体験学習ですが、逆に「社会のいい加減さ」を伝えているような気がします。残念です。

[PR]
by yksayyys | 2016-09-04 09:34 | 学校 | Comments(0)