栗下の磨崖仏

f0066076_19115393.jpg

 入来の大馬越地区の栗下磨崖仏を見に行ってきました。この磨崖仏は全く個人的なもので、子宝に恵まれなかった家がこの磨崖仏を彫ってからはいっぱい子どもができたというおめでたい磨崖仏です。ただ、廃仏毀釈の折には「仏だから被害にあうかも」と磨崖仏に粘土を練り込んでわからないようにして守り抜いたという解説がありました。庶民の知恵というものでしょうか。ただ、そこにはいろいろ想像をめぐらす余地があります。「庶民の個人的な仏であるからかえって壊さなかったのではないか・・・」等々・・・・事実はわかりませんが・・・・・・
[PR]
by yksayyys | 2016-09-24 19:17 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧