「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

リウボウ

 日曜日の朝は新聞を1時間以上かけてじっくり読みます。時間に余裕があるためですが、日曜版は読書欄等あるのでいつもより楽しめる紙面構成にもなっています。あと、朝日新聞の場合日曜日だけの「GLOBE」もあります。今日は村上春樹特集でした。私にとっては「世界の村上」というよりは「同時代の村上」です。よく読んではいるのですが、ストーリー自体はあまりよく覚えていません。本当のファンではないのだろうと思います。記事中にあった毒舌の文芸評論家、三島由紀夫賞受賞者、元東大総長である蓮実重彦による村上文学は「結婚詐欺みたいなもの」という評価は面白かったです。村上本人が「詐欺は失礼」と怒っているということも何となくおかしかったです。
 最後の人物欄のところに沖縄の企業家が紹介されていました。夏の沖縄旅行の時によく待ち合わせ場所にしていたデパート「リウボウ」の経営者でした。ここで紹介されるだけあって紆余曲折の多い人生を送っているようでした。沖縄をまわって私が気がついたのは「セブンイレブンがない」ということでしたが、どうやらこの人物が沖縄ファミリーマート社長時代にいろいろ頑張っていたからだということがわかりました。ファミマのヒット商品と言えるフライドチキンは沖縄で成功したもののようです。ファミマのチキンは確かに絶品ですが、沖縄発だったということに驚きました。
 こういう記事を読んでいると、社会、世界の不思議な「つながり」ということを感じてしまいます。だから「GLOBE」という新聞は面白いのでしょう。記者たちものびのび書きたいことを書いているような気もします・・・


[PR]
by yksayyys | 2016-10-02 15:23 | 社会 | Comments(0)