さらにもうひとつの劇

 金曜日の夜に組合員仲間で中社研仲間でもあるSさんから電話がありました。私がかつて使用した劇のシナリオを使わせて欲しいということでした。最近多いのは「当人が必要だから」ではなく「同僚が何をしたいか迷っているから紹介したい」というもので今回もそうでした。私は「どうぞ」と言った後、「どれを使うの」と聞きました。それを聞いた私は、タイトルは覚えているものの中身をすっかり忘れていてSさんに逆に教えてもらっていました。面白いものですね。わが子のようなシナリオがあちこちで可愛がられているのはとても嬉しいことですが、産みの親がその子を忘れてしまっています(笑)・・・・とにかく劇の1週間でした。
[PR]
by yksayyys | 2016-10-16 08:57 | 社会 | Comments(0)