管理から監視へ 脅しから取締りへ

 社会保険庁の職員が赤旗号外を近所のマンションで配布したとして、「罰金刑」を受けることになりました。休日に、自宅の周辺に配っただけでついに「犯罪」としてしまいました。しかも、摘発にあたっては組織的に尾行していたこともはっきりしており、ついにこの国は「管理」に飽きたらず「監視」によって締め付ける方向に動き出しました。以前、このブログにも書きましたが政治教育という言葉はもともと「主権者としての市民が政治的教養を身につけるべく必要不可欠なもの」との位置づけがありました。これがいつの間にか、「公務員の政治活動禁止」の理由にねじまげられていきました。政府・自民党が、昔の社会党そして今の民主党・共産党を追い込むために主として官公労をターゲットにしたものであることは明白です。朝日の社説にも及び腰ながら「行き過ぎ」の懸念が表明されていました。これ以上「息苦しい」社会を誰が望んでいるのでしょうか。
[PR]
Commented by おいらも怒りシントウヨ at 2006-07-04 18:44 x
http://itnews.blog17.fc2.com/blog-entry-938.html
バカな右翼どもが騒いでるよ・・自分たちの言論の自由の危機でもあるというのに
by yksayyys | 2006-07-03 13:41 | 社会 | Comments(1)