ブログトップ

アマノジャクはこう考える

荒くれ「海人」たち

 大雨の中、近所の海岸沿いを息子とドライブしました。海は大荒れでしたが、湾岸の道路は車で埋め尽くされていました。そう「海が大荒れ」はサーファーたちにとっては「天の恵み」なのです。ちょっとした広場に車を停めて、息子はお茶、私はコーヒーで「ティータイム」をとっていたところ、周囲はいつのまにかサーファーでいっぱい。そこで気づいたこと。「けっこう、おっさんが多い。」今まで遠くから見ていたので、みんなキムタクや工藤静香みたいな若者のように見えたのですが、近くで見ると40歳くらいの人が多いのです。体型も意外にパパイヤ鈴木みたいな人がいました。共通しているのは、みんな「嬉しそうな」顔をしていること。荒れた海を見て「よだれをたらしそう」なほど喜んでいるように見えました。今日は木曜日。波穏やかな日は「だーれもいない」のを考えると、天候を察して「仕事を休んだ」のだろうと思われます。こういう風にのめりこめるものを持っている人はうらやましい気がする。オヤジだろうがデブだろうが関係ない。私にもそういうものが欲しいな!
[PR]
by yksayyys | 2006-07-06 12:06 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31