「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

水俣病に対する国の姿勢

 今朝の朝日新聞朝刊の一面は驚くべき内容であった。水俣病問題の際に当時の環境庁は患者の補償について相談する加害企業チッソに「ザルに水を注ぐがごとし」と反対し、様々な裏工作を指示した事が当時のチッソ副社長のメモから明らかになった。患者認定基準の厳格化との連続など国・行政の「無責任」ぶりがいっそう明らかになったと言える。当時の担当者も大筋認めており、事実のさらなる追求・解明が望まれる。
[PR]
by yksayyys | 2016-12-31 08:44 | 社会 | Comments(0)