ブログトップ

アマノジャクはこう考える

元同僚の悲しみ

 人間ドックの待合室で地元紙M新聞を読んでいたところ、かつての同僚の記事が大きく扱われていました。息子さんが骨肉腫で亡くなった悲しみが綴られていました。そういえば、「子どもさんが難病で北陸の病院まで行っている」と聞いたことがあったのですが、看病むなしく亡くなったようです。知っている人だけにその思いが重くのしかかってくるようでした。その同僚は言っています。「何気ない日常がどんなに大切か!」人間ドックの日だけになおのこと身にしみました。
[PR]
by yksayyys | 2017-01-18 18:10 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31