ブログトップ

アマノジャクはこう考える

校正・編集の1週間

 研究紀要の原稿、ようやく何とかなりそうです。ご協力いただいた皆様に感謝します。昨日、印刷会社にメールしました。「来週の月曜日に原稿を取りにきてください。」出来上がる目途など何もないのですが、例年そうしています。つまり、締め切りを設定してそれに合わせて編集作業を終えようという計画です。そうでもしないと私急がないんです。ということで今年も何とかひと仕事片づきそうです。このヒヤヒヤが最近は「快感」でなくなりました。単なる「恐怖」でしか・・・・でも、まあとにかく安堵です。
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2017-02-01 08:48
いつもありがとうございます。今度、お疲れ様会をしましょう。
Commented by yksayyys at 2017-02-01 22:34
ぜひお願いします!
Commented by 登龍灘 at 2017-02-06 21:22 x
昨年は、研究会でいろいろとお世話になりました。

後期の中等社会科教育法の授業で水俣病の授業と指導案を紹介しました。

学生たちに特に感想などは書いてもらわなかったのですが、学生たちはどのように授業を感じたでしょうかね。

私は、相思社の方とめぐったFWで写した百閒排水口の写真をみせてこの一枚から考える社会科授業を学生たちに問いかけたてみたのですが、いまいち伝わったかわかりません。

社会授業実践の蓄積をどのように継承するか課題です。

研究紀要は力作ですね。機会があれば、一部いただけると幸いです。今年も宜しくお願い致します。
Commented by yksayyys at 2017-02-06 22:24
水俣病問題、実は社会科で1時間きちんと授業をしたことはないような気がします。どこに焦点を置くかでいつも迷っていました。とにかくやってみる事が重要なのでしょうね。ぜひ授業の分析をまとめて世に問うて下さい。
 紀要に原稿をお願いしようかとも思っていましたが・・・

 でき上がったら1部送りますね!
by yksayyys | 2017-01-31 20:38 | 社会 | Comments(4)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・