「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

アマノジャクはこう考える

映画「本能寺ホテル」を見る

 先日、妻と息子の3人で映画「本能寺ホテル」を見てきました。見たい映画という訳ではなかったのですが、中1の息子の事を考えると「これかな」という感じでした。娘も一緒だったら「この世界の片隅に」だったのですが、今回は娘が一緒ではなかったので次回にまわしました。本音は「スノーデン」あたりを見たかったのですが・・・ 
 「本能寺ホテル」そのものはつまらなかったです。予想通りの展開で、意外性ゼロというものでした。特に誰かの演技がうまいというわけでもありませんでした。観客が10人前後と少ないのもうなずける気がしました。
 帰りの車の中で私は妻にこう言いました。「命に替えても守りたいものがあるというのは危険な思想だな」!妻はうなずいていましたが、息子が反論しました。「そうじゃなくて・・・・」そろそろ両親の思想・信条がわかるようになって彼なりに反論したい年齢になっているのでしょう。少々「頼もしい」気もしました。

[PR]
by yksayyys | 2017-02-11 22:26 | 映画 | Comments(0)