ブログトップ

アマノジャクはこう考える

米軍機の低空飛行

 今日、1年生の地理の授業で「日本の領域」を扱いました。こないだ3年生の公民でも扱ったのですが、ほとんど同じ内容であることに驚きあきれました。写真はもちろんコラム記事もほとんど一緒。文部科学省、自民党からの圧力に教科書会社が過剰反応しているのがよくわかりました。が、ここで伝えたいのはその事ではありません。領空を説明している時に「日本の領空を侵犯する国があってはならないのですが、領空を戦闘機が飛んでもいい外国がひとつありますが・・・」という私の言葉にすぐ生徒がくらいつき「アメリカ」・・「低空飛行するよね」「うるさい」「何あれ、迷惑」と言い出しました。私の自宅も米軍の飛行経路のようですぐに低空飛行の爆音が聞こえるのですが、どうやら勤務校の周辺もその経路のようです。南西諸島を通って沖縄に通じるその経路は子どもたちもよく知っているようでした。 
 「どうして」と思い考えるこの子どもたちの感覚を大事に受けとめたいと考えています。

[PR]
by yksayyys | 2017-02-24 20:46 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31