旧友との再会

 昨日から今日まで2日間は公立高校の入試引率です。生徒の出入りのチェックくらいでほとんどする事がなく終日勤務ですので大変おいしい仕事で、楽しみにしてきました(笑)卒業準備やテスト準備、学年末の評価作業中も「引率までの我慢」と頑張りました。3日前には同じ3年生担当の妻も同じ高校に引率とわかり二人で笑い転げました。昨日はあまりに嬉しかったのか、集合時刻1時間前には高校に到着しました。もちろん、引率教師では一番早かったです。遠足の日の生徒みたいな心境でした。一人の別室受験の手配を終え、他の14人を受験会場に送り込み、引率控え室に入りました。「しめしめ」とパソコンで実力テストの解答を作成し、本を読み始めたところ、白髪の教師に声をかけられました。「おい、ひさしぶり」2,3秒じっと顔をみつめてようやく誰かが理解できました。同期採用でほぼ同時に組合に加入し、同じ支部(彼はY島でした)でともにたたかってきた音楽教師Hさんでした。人権派ですが、ユニークきわまりない面白い男です。ぷくぷくさんもSka370さんもよく知っているはずです。しかし、パッと見た時にはわかりませんでした。すっかり「初老の紳士」となっていたからです。52か53ですから当たり前なんでしょうけどね。二言三言言葉を交わしただけでしたが、彼から最後に言われました。「また暴れてよ!」どうも私の若い頃を知る人は「暴れる」「過激」「戦闘的」のイメージが強いようです。確かにそう思わせる事件を引き起こしてきた経過はありますが、私に言わせれば「普通のことなのに周りが騒ぎすぎ」なのです。・・・ただ、若かっただけに「とんがって」はいたのでしょうね。誰が相手でも「負けない」気位でいたのは事実でしょう。・・・・そのHさんの「また、暴れてよ」の言葉についてですが、こう言い返すのを忘れていました。・・・・「Hさん、あんたもね!」(笑)
[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2017-03-08 17:30
いやあ懐かしいですね。Hさんもお元気そうで何よりです。若かったころを思い出します。
by yksayyys | 2017-03-08 03:23 | 学校 | Comments(1)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧