フランス大統領選挙に思うこと

 フランス大統領選挙は中道のマクロン候補が極右のルペン候補を破って当選しました。メディアはルペン候補の獲得した34%の得票を「多い」とみるか「少ない」とみるかに焦点があるように思います。私は「多い」とは思いません。ルペン候補に投じられた票のほとんどは「極右」の主張への共感というよりは、雇用問題に代表される現状打破への票だと思います。「どっちか選べ」と言われた時に、いくつもの課題を抱える中でどちらかが圧倒的多数を占めることはまず考えにくく、「極右」政策の支持の広がりと見るのは間違いだと考えます。 
 それより私が今度のフランス大統領選挙報道で思ったことは、「今だに左派の支持基盤は強固である」ということでした。今回の選挙で社会党を中心とする「左派」の票は行き場を失っているということでした。マクロン候補はオランド社会党政権の閣僚でしたが、中道の旗を掲げ「グローバル経済擁護」の姿勢をとったために「左派」の受け皿にはなりえなかったとのことです。翻って、この日本に「左派」と言える層、票がどれだけあるのでしょう。「左派」どころか「リベラル」と言われる票もどれだけあることか。自民党が野党時代に「右に舵を切った」と言われた時に私は「自民党の自殺行為」だと思ったのですが、現実は自民党の党勢拡大につながりました。民進党も「リベラル」と言うにはだいぶ「濁った」政党です。かと言って、共産党、社民党の勢いは限定的で「政権の一角をうかがう」勢力にはなりえていません。思えば、トランプ旋風の吹き荒れたアメリカ大統領選挙においても民主党最左派のサンダースがぎりぎりまでクリントンを苦しめました。イギリスの労働党党首も現在は左派出身です。どの国でも「グローバル経済」に反対する左派は存在しているのです。移民制限や保護主義など「内向き」「差別的」ではない方向を示唆する大きな勢力はあるのです。この国の「左派」はどこへ行ったのでしょう。私はその「左派」の流れからくる政治の大きな流れを切に希望しています。党利・党略に流されない大きな大きな流れを・・・・

[PR]
by yksayyys | 2017-05-08 21:50 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・


by yksayyys
プロフィールを見る
画像一覧