ブログトップ

アマノジャクはこう考える

市議は地域代表!?

 今日はH市の市長選挙と市議会議員選挙の投票日です。これから妻と投票に行ってきます。今度の選挙である事に気づきました。「市議会議員の選挙カーはその立候補者の出身地域しかまわらない」ということです。数人いる共産党、公明党、社民党の立候補者はチラシを配布しています。あとの候補者は狭い地域をグルグルまわっているだけのようです。おそらくこれも「暗黙のルール」なのだろうと思います。もちろん、市街地のように同一地域から複数出ているようなところは違うのでしょうが、ほとんどの地域は「この地域は〇〇が立候補しているからそこに入り込んで邪魔をしてはならない」ということなのでしょう。でも、よく考えてみると労働組合も単産ごとに候補者を割り振りますので似たようなことをしているのでしょう。その地域、その単産の利益になる候補者を議会に送り込む。それはそれで大切なことでしょう。ただ、20年前に甑島にいた時のことを私は思い出します。そこも細かく候補者が区割りされ、選挙カーはもちろん演説会もその地域内でしか行われませんでした。そういう様子を見てある保護者が言っていた言葉を思い出します。「たまには他の候補者の公約とかも聞いてみたい。選挙なのにひとりぶんしか選ぶ材料がない。」なるほどなと思いました。地域の利益も大事だし、選択の権利も大事だし・・・・民主主義はやっぱり難しいですね。そういう時はチャーチルの言葉を噛みしめたいと思います。「民主主義は最悪の政治制度である。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが・・・」

[PR]
by yksayyys | 2017-05-21 07:39 | 社会 | Comments(0)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31