理事会

 昨日、県中社研の理事会がありました。事務局は全員が、理事は4名が参加しました。活動計画や来年度の九州大会の研究テーマの検討が行われました。私が担当した研究テーマも特に異議は無く、その方向で緒論を書き進めていくことになりました。骨が決まったわけですのであとの肉付けはそう難しいものではありません。今回の理事会から研究部副部長を3人に増やしました。これまで研究授業や研究発表をしてきた40代の実践家3人が引き受けてくれました。とても頼もしい顔ぶれです。九州大会ではそれぞれ地理的分野、歴史的分野、公民的分野の担当として分野のサポートと研究発表もお願いしています。あとは「もうひとりの授業者」を探すことですが、まあ何とかなるでしょう。財政状況もかなり安定してきました。出版物の販売にはOBをはじめ多くの方々に協力をいただいています。有り難いことです。 
 夜は恒例の懇親会でした。8人が参加しました。事務局員のSさんといっぱいしゃべりました。彼女は、私の中学時代の後輩で中学時代の恩師の娘でもあります。そのため、その頃の先生達の様子をいろいろ教えてくれました。「なるほどそんな事情があったのか」と初めて聞く話ばかりでした。楽しい宴となりました。が、少々飲み過ぎました。

 さあ、次は6、17の「戦争と平和のつどい」と6,24の歴教協県大会です。頑張ります。そうこうしているうちに夏休みが来るかな!

[PR]
Commented by shin-pukupuku at 2017-06-04 10:59
ご苦労様でした。理事会の成功ー良かったですね。懇親会にもそれほど集まるとはすごいですね。たしか、私のいたころは、それほど参加率は高くなかったですよ。
Commented by yksayyys at 2017-06-04 23:56
役員の入れ替えが少ないために、先輩達の良き伝統を引き継いだ研究ができるのが鹿児島の良さだと思います。
 プクプクさんたちのおかげです。新しい血も少しずつ入ってきてホッとしています。
by yksayyys | 2017-06-04 08:39 | 社会 | Comments(2)