68枚の思い

 先日の「平和のつどい」におけるアンケートが68枚すべてPDFで送られてきました。「すべて」というのがいいですよね。妙にまとめて「良かった」と言われるより、出てきたものすべてを読めるというのはとても有り難いものです。私の講話の感想の項目が空らんになってるものも4つありましたのでおそらく「すべて」のアンケートだろうと思います。参加者が印象に残った言葉が2つあったように思います。ひとつは「戦争体験のないものが戦争体験のないものにどのように平和の大切さを伝えれば良いか」ということ。そして、もうひとつは李さんの言葉「国によって平和の語り方は違う。戦争をしない事を前提とする戦後民主主義は宝である。」ということでした。自分の伝えたかった事は十分伝わったと思いました。「こんな先生がまだいたんだ」というコメントもありましたが、結構複雑なコメントだと思いました。
 この68枚の思いのつまったPDFファイルは私の宝になりそうです。

[PR]
by yksayyys | 2017-06-22 22:25 | 社会 | Comments(0)