ブログトップ

アマノジャクはこう考える

白内障までの経過~参考までに~

 目の不調はおよそ5年くらい前だったと思います。①左目にミトコンドリアあるいはカナダモみたいなものが見えだした(飛蚊症)のと②左目だけ視力が落ちてきたこと③左目だけ「直線が歪んで見える」ことで近所の眼科を受診しました。いつも患者でごったがえしている眼科でした。眼科医いわく「網膜剥離しかかっている。場所がよくない。手術はできないのでレーザー治療をする。通院をこまめに。」と言われました。言われた通りしましたが、症状が改善されないので「町医者はこまめに通院させて稼ごうとしているんだ」と決めつけ、セカンドオピニオンを求めて南九州では有名なM眼科に行きました。そこでは「網膜の専門家を紹介する。手術が必要だ。」と言われました。そして、鹿児島市立病院で手術を受けました。「総合病院はすぐに手術をしたがるんだよなあ。」という邪推はありましたが、症状の改善のために思い切りました。「網膜前膜」という病名でした。結果、視力はいくらか回復しました。直線の歪みはそのままでした。手術後「おそらく近いうちに白内障になるでしょう」と言われました。それから5年。左目の視力が著しく落ちてきたためM眼科に行くと案の定白内障と言われました。緑内障は失明の危険があるようですが、白内障は手術で劇的に改善すると聞いたことがあります。手術も日帰りでできるようになったということです。医師は「手術するかしないかは本人次第。生活に困っているかどうかが判断の分かれ目」と言われました。左右の視力差がひどくなっており、左右の目の形が違ってきているのがはっきりわかるようになりました。見えている右目にかなりの負担がかかっているのだろうと思います。あと、車の運転が夕方から夜難しくなりました。事故をしかけたことが幾度となくありました。よく見えないのです。今でも、社会科や組合の会で夜運転するのは恐怖体験です。校長に部活の「正顧問をはずしてくれ」とお願いした理由もそこにあります。 
 そこで今回の手術ですが、「簡単な手術」と聞いていたのですがちょっと計算外でした。手術後2週間は車の運転ができないとのこと。8月17日が手術なので9月の始業式当日まで運転が出来ないことになります。今の勤務校で車の運転が出来ないということは「休む」ということです。思ったより影響が大きそうです。「休め」ということかなと思っていますが、そうもいかないんですよね・・・

[PR]
Commented by 闘龍灘 at 2017-07-25 19:41 x
こんばんは。
詳しい症状を教えていただきありがとうございます。

こちらのほうは原因は急に見えずらくなったようで最近目を剥ぎしく打ちましたかときかれたそうです。特に思い当たる節もないようでしたが、昨年ドライアイで受診したときはまったく異常がなかったそうで若年性は進行が速いのかもしれません。

運転に関してはほぼ同じ状態のようです。術後は片目だけコンタクトで視力の格差を調整するとのことです。また、いろいろ教えてください。
Commented by yksayyys at 2017-07-25 20:17
 私も40代後半に突然症状が出た気がします。「目を激しく打ったか」というのは網膜剥離を疑っていたのかもしれません。ボクシングの選手などがよくやりますがちょっとしたはずみでなったりするようです。前任校の同僚が部活の指導中にそうなったようでした。
 術後は、右目にあわせたメガネを使うように言われています。今のメガネは今年になって買ったばかりなんですが!目はいろいろ良くないことを考えがちです。しっかり支えてあげて下さい。
by yksayyys | 2017-07-25 19:20 | 育児・家庭 | Comments(2)

ちょっとすねた感じでこの世を眺めてみると・・・